2017年11月10日(金) DJIドローンによる撮影-太秦松竹映画村-

ホームページの制作の現場でも映像による商品や会社・サービスのご紹介の案件が多くなってきています。

その理由には大きく2つあり、まず1つ目は文字ばかりが多く並んだホームページでは見ている方が理解しにくく見ていてるだけで疲れてします。映像で商品やサービスの紹介をナレーション付きで流すだけで、スムーズに理解が可能です。

2つ目はYOU TUBEなどの普及で多くの方が映像サイトから情報やサービスを入手しる時代になっています。このようなサイトに動画をアップし商品の紹介を見ていただき、サイトに訪問していただく流れを作ることで商品を理解した人がサイトから商品を購入する流れが出来て、SEO対策と買い上げ率のアップの両方の効果が期待できます。

DJIドローンによる映画撮影

今回の撮影に使用するドローンはDJI製のインスパイア―2です。革新的な技術で安定性が良くカメラの映像もとてもきれいです。一番はカメラに搭載されているジンバルにより期待の揺れをカメラに伝えることなくとてもスムーズな映像が撮影できることです。

カメラのレンズも交換んが可能で広角から標準まで現場や被写体にあわせた撮影が可能です。ドローンの撮影では、機体のトラブルは問題になります。特にバッテリーの不具合による落下などは致命的な問題になります。インスパイア2では機体に搭載できるバッテリーが2ツで、万が一1つのバッテリーが不具合を起こしても大丈夫と言うことです。

機体の大きさも人気期初のファントム4と比べても大きく安定している感じをうけました。